まるでだめなおたく
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
という、どうでもいいことを考えるようになりました。
毎日暑いですね、真夏が迫っている…。

まさか小松さんがふんどし一丁になってごろごろするはずはないので、ふんイチにならず、且つ薄着になるような隙も見せず、やはりあの衣装を着込んでいるのだろうというのが一番確実な答えっぽいんですが。
でも暑いんですよ、あの衣装!!
一度着てみて痛感しました。
あれ、本当に暑いです。
更に羽織りなんて羽織ったらもう…もうね…汗が流れ落ちますよ。
あれを平然と夏に着ているなんて、有り得ない。

私の心の中をゆきちゃんに代弁してもらうと、

「小松さん、そのお着物暑くないですか?」
「突然どうしたの、ゆきくん。涼しくはないけれど、特に暑すぎるということもないよ」
「でも、私のお父さんは夏は涼しい格好だったし……友達のお父さんなんかは、パ…ええと、下着姿でごろごろしてることもあるって言ってました」
「下着?ああ、褌姿っていうこと?」
「そうなるんでしょうか」
「そうなるね。で、君は私に褌だけの格好で邸で寛いでいて欲しいのかな」
「……(想像中)」
「冗談だよ、本気にしないでくれる?どれほど暑くても、そのようなみっともない格好を人前ですることは有り得ないから」
「でも、それじゃ小松さんが暑いままです!あのっ、人前はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、私の前なら大丈夫です!祟くんがたまにお風呂上りにそういう格好していたので、慣れてます」
「…………君ね、私がそういう格好をするときは、夜、寝所でだよ。それでもいいなら、見せてあげる」
「寝るときはあの格好だと寝にくいですよね。下着一枚で寝る人、たくさんいると思います」
「(だめだ通じていない」

こうなってしまって、結局ふんイチなご家老はないな、っていう結論に達してしまいます。
ふんイチでぐったりしているのが似合うのはきっと龍馬。
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

柚季@ゆず

Author:柚季@ゆず
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 murmur, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。