まるでだめなおたく
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
全キャラ制覇!ってやってみたいんですけど、どうしても手が出なさそうな人がいるので、恐らく私の力では八葉全員はかけないだろうなあと思っていますゆずです。

一番無理なのはきっとチナミ…ごめん、あの、おっさんだから、私が。

あの初々しく甘酸っぱい感じを遠い昔に置き忘れすぎてて、どうしても書けない…。

難関はアーネストじゃないかなと思いつつ、多分彼は書くと楽しくなるタイプの予感。

英語が一番ハードル高いけどもね!

いつかは書いてみたい。



そんなこんなで週末は徳永さんがやってきてくれるので、思い切りご家老ご家老おうちおうち!と騒ぎ立てる所存です。

楽しみだなー!

まずは今日、20日のあれこれで疲れた身体にビールを二人で(多分徳永さんはチューハイか日本酒)を叩き込むぞ!!!

なんかすごくテンション上がったので、ちょっとえろい桜ゆきでも転がしておく。

とってもえろが書きたい。たまにやってくるこのサイクルを、どうにかしてもらいたいものだ…。

ちょっとえろいので、苦手な方は追記見ないようにしてくだち。



 

more

ゆきちゃん、ゆきちゃん、大丈夫かい、痛くはない?つらくはないかい?



そんな言葉でふわっとくるむようにして私を大事に大事に扱ってくれる、蒼い目をした王子様みたいなひと。

少しでも身体を揺らせば優しい言葉と一緒に羽みたいなキスをして落ち着くまで撫でてくれた。

でも違うの、そういうのじゃなくて。

私はただ、桜智さんのことをぜんぶぜんぶ教えて欲しい。

それだけなのに、桜智さんはさっきから一歩も進んでいない、そんな場所で私の心配ばかり繰り返している。



「おうちさん…」



だめ、そんなのじゃ、私だって。



「だいじょうぶだから、いたくてもいいから」



もっと私の身体の中に、刻み込むようにしてほしい。

すきってそういうことじゃないの、と広い背中をぎゅっと抱き寄せたら、桜智さんの肩がびくんと震えて。



「…あいしているよ」



甘い声が、今度は私の身体を震わせた。







みたいなはじめて物語が書きたい読みたい。

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

柚季@ゆず

Author:柚季@ゆず
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 murmur, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。